所沢市議会議員 末吉みほこ

<<   >>
2018年 2月 12日 (月)

政策討論会~学校施設整備について

by 末吉美帆子

 2/10所沢市議会主催の政策討論会を開催しました。
テーマは「学校施設整備(エアコンなど)」
 議会基本条例は、最低年に一回政策討論会を開くことを規定しています。政策形成サイクルの一環として委員会が開くことも含みます。
実際に、私が所属していた健康福祉常任委員会は「こどもの貧困」の審査の過程で政策討論会を活用し、議会全体、市民と問題意識を共有し問題提起しました。
 さて、今回の討論会は常任委員会で予定がなかったため、所管する広聴広報委員会が企画したものです。初回に「所沢ブランドの創造」そして「地域福祉〜孤独死」「人口減少時代2030年の所沢」など開催してきました。しかし「内容は面白かったが政策へのつながりが薄い」などの指摘もあり、常任委員会開催も含め政策形成を意識するようになりました。
 今年のテーマ決めにあたり「エアコン問題について『議会は住民投票を総括したのか?』と市長が発言している。これまでの過程、議会の取組みをまとめて示し、論点を明確にしていかないか」という意見があり全委員賛成でまとまったものです。
 各会派から1名ずつ参加者を決め班として内容を詰めてきました。
また今回は初めてコーディネーターを外部に委託、所沢市民でもあり、議会基本条例や政策審議会で深く議会や所沢市政をご理解いただいている法政大学副学長 廣瀬克哉教授にお願いしました。
 奇しくも新春のつどいにおいて、今まで頑なに狭山ヶ丘中、北中小以外のエアコン設置を否定してきた藤本市長が来年度予算に「エアコン設置調査委託料」を計上、その後防音校舎には限らないと発言。
 しかし、議会もエアコン賛否に留まらず学校施設整備を全体から考えるというスタンスで計画してきたので内容に変化はありません。
 政策討論会の内容については次のブログで報告します。

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
./tb.cgi/580



<< >>






RSS

Ringworld
RingBlog v3.20