所沢市議会議員 末吉みほこ

<<   >>
2018年 1月 15日 (月)

チェルノブイリにクリスマスカードを送る

by 末吉美帆子

 NPOチェルノブイリ救援中部の活動に協力して、ウクライナと福島にクリスマスカードを送る活動が二年目になりました。
 31年前チェルノブイリ原発事故が起こった時、世界で誰も経験しなかった激甚放射線災害に微かな希望、道しるべとなったのはヒロシマ、ナガサキ原爆から復興した日本でした。被災の内容は全く違うにせよ未曾有の放射線被曝の苦しみに深い共感を分かち合い、友情で結ばれてきました。ウクライナのチェルノブイリ博物館には、被爆者が描いた原爆絵画が展示されています。
 そして2011年福島第一原発事故の際にいち早く放射線測定器を送ってくれたのもウクライナです。
 31年経ってもウクライナの人々の中には後遺症で苦しむ方がおり、子ども達の健康影響が心配されています。しかし互いに情報共有し交流し力を尽くしている民間団体もあります。チェルノブイリ救援中部も大きな役割を果たしています。
私たち市民ネットも、できることからの被災地支援を続けていきたいと思います。その一環として今年もクリスマスカード30枚、折り紙150枚を送ることができました。
協力して下さった皆さまに心から感謝します。
雪ふるウクライナと福島県に1日も早い復興としあわせが来るように心からねがって。

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
./tb.cgi/578



<< >>






RSS

Ringworld
RingBlog v3.20