所沢市議会議員 末吉みほこ

<<   >>
2017年 12月 3日 (日)

指定管理者に思うこと(3)

by 末吉美帆子

 指定管理者選定の基本は「公募」です。
但し客観的に見て事業者を変えない方が良いと判断する時競争相手を公募しない、いわゆる「非公募」となります。
 11月の議会報告会で「障害者就労支援施設は非公募。同様に放課後児童クラブも非公募にすべきだった」という意見を複数受けました。
 市内の養護老人ホームや障害者就労支援施設など事業者を代えず非公募としている施設はあります。実際に、市も議員も利用者から要望を頂いています。しかし、非公募としているのは「要望があったから」でなく、最も保護を必要とし特性や個性を理解した支援者が必要だから、と市が判断したことによると私は考えます。
 事業者が代わらないからトラブルが起こらない、ということはあり得ません。だからこそ、非公募であっても選定委員会は公募と変わらない審査しますし、モニタリングも行います。
 息子が県立養護学校(特別支援学校)高等部に入学した時、送迎バス事業者が代わり「問題なく運行します!」と非常に気を遣いながら丁寧に説明していました。息子は電車通学だったのでバスは使わなかったのですが、事業者が代わることもあるのだと思いました。障害者や要援護者対象が全て聖域というわけでもないのです。
 放課後児童クラブは、現在NPOや幼稚園、保育園や株式会社が受託しています。地域性や団体の特長もあり「現在の受託事業者がベスト」で競争原理が働かなくても良いとは思えません。
 しかし、職員が安定して働けること、安心して新しい取組みを起こせる為には短期間で事業者が代わることがないことも必要だと思います。
 

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
./tb.cgi/575



<< >>






RSS

Ringworld
RingBlog v3.20