所沢市議会議員 末吉みほこ

<<   >>
2015年 8月 4日 (火)

埼玉県への要望書(4)認知症予防対策事業への取組みの充実について

by 末吉美帆子

 認知症予防対策事業への取組み充実について

埼玉県からの回答。

現在、認知症の予防方法はわかっておりませんが、バランスのとれた食事と運動、人との関わり、脳への適度な刺激などにより、認知症のリスクを減らすことができるのではないかと言われております。
このため市町村では介護予防事業の一環として、運動機能や歯科口腔機能の向上、栄養改善、閉じこもりやうつの予防と併せて、適度に脳への刺激を与えるメニューを用意し、認知機能の低下予防を図る取組を実施しています。
県では、市町村職員への研修などを通じて、市町村の介護予防事業を支援しているところです。
また、認知症は治療による根本的治癒はできませんが、薬で進行を遅らせ症状を改善することはできます。
そのため、認知症の疑いがある人に早期に気付き、適切な医療・介護予防等のサービスを提供することが重要となります。
そこで、認知症を早期に発見し、対応できるよう、身近なかかりつけ医に対する研修を実施するとともに、かかりつけ医の相談役である認知症サポート医の養成を進めているところです。
また、認知症が疑われる人を訪問し、観察・評価を行った上で、自立生活のサポートや家族支援などを行う「認知症初期集中支援チーム」を平成29年度までに全市町村に配置することとしております。
今後も認知症の人や家族が安心して暮らせる環境を整備してまいります。

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
./tb.cgi/569



<< >>






RSS

Ringworld
RingBlog v3.20