所沢市議会議員 末吉みほこ

<<   >>
2013年 12月 6日 (金)

成年後見制度のさらなる周知に

by 末吉美帆子

 H19年6月、議員になって初の一般質問で「成年後見制度」「バイオディーゼル」「石けん」「障害者就労」必死でテーマを選び、調べ、取り組んだテーマは今も私にとって大事なものです。
 
 特に、6月では「市民後見人」続けて12月では身よりがない方のための「利用費用助成」を取り上げました。
保健福祉部長は「早急に検討する」と答弁。(経験不足の私はその意味がわからず、良い回答をもらっているのにしつこく追求。部長スミマセン)
翌年度新規予算に入り、本当に嬉しかったです。
 今までなかった事業が具現化したうれしさは忘れません。

 親族がない方の家裁への成年後見申立ては、市長が行いますが、所沢市の市長申立て件数はずっとゼロでした。必要な方に情報がいっていないのです。
 制度自体が分かりにくく、何度一般質問してもなかなか進まないと感じた時期もありましたが、
社会全体の権利擁護意識の高まり、選挙権剥奪改正など「成年後見制度」への理解が進みました。
市長申立て件数も増えてきたようです。
利用費用助成を活用していただける日もくるでしょう。
 また、東京大学等の「市民後見人」講座卒業生も増えました。これから新所沢に新設される総合福祉センターでの権利擁護に関する相談機能の充実に期待し、一般質問します。

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
./tb.cgi/553



<< >>






RSS

Ringworld
RingBlog v3.20