所沢市議会議員 末吉みほこ

<<   >>
2013年 9月 29日 (日)

第三セクター改革を目指して

by 末吉美帆子

 9月議会最終日。議案1件に反対し討論を行いました。
以下は要旨です。長くなりますが掲載します。

 民主ネットリベラルの会を代表して議案第71号所沢サンアビリティーズ指定管理選定について反対の立場から討論します。
 私たちは5年前、選定にあたり透明性・公平性を担保するため選定委員のメンバー改善、ガイドライン策定を求めました。ガイドラインにより改善はされたものの、この議案には選定先と選定過程の公平性に疑義があり、十分な説明がなされないため反対するものです。

一点目。類似施設を全国で数ヶ所しかないサンアビリティー、2ヶ所の障害者施設に絞り込み、10年しか経過していない指定管理者制度に10年間の受託に配点。現状受託している事業者が圧倒的に有利。
配点は30点で、類似施設の捉え方で二位の業者との23点差が逆転する。
二位の事業者は多数の他自治体施設受託実績がありながら0点。

二点目。市内事業所の有無を「登記の有無」と事務局が断定。他の選定委員会は緊急時対応能力を優先的に判断し実状を配慮しながら判断している。

三点目。公共施設管理公社は5年前には13の公共施設管理を受託していたが民間事業者が増え6月議会で「2施設位になったらどうするか」の赤川議員の質疑に対し「今年度の選定結果を注視する」と答えている。まさに存亡の危機。レベルの高い民間事業者が切磋琢磨する中で、市職員OBが多数在籍し所沢市内でのみ事業を行ってきた公共施設管理公社の役割は薄れた。
縮小・廃止の方法へ進むことを望む。

今回の選定委員会で解釈がバラバラな点の整理をすることを申し添え、第三セクター改革と選定過程の公平性を求めて反対するものです。

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
./tb.cgi/534



<< >>






RSS

Ringworld
RingBlog v3.20