所沢市議会議員 末吉みほこ

<<   >>
2013年 6月 26日 (水)

教育福祉常任委員会審査

by 末吉美帆子

 6/25 定例議会が全ての議案を可決し閉会しました。
私は「子宮頸がんワクチン積極的勧奨一時見合わせ」に関して緊急質問動議を行いました。3議員の一般質問終了後の6/14後に国の方針転換があり、市民に混乱がある中、対応策を明らかにする緊急性があると思ったからです。しかし議会運営委員会で認めない2会派があり、全会一致にならず質問できませんでした。
 しかし閉会後の教育福祉常任委員会で、翌日に委員会を開催し審査を
行うことに決定しました。急遽に開催して頂いたことに感謝です。
 26日の審査では「なぜ対応策を議員に通知しないのか」との質問に、「大きな変わりはないから」との返答でした。また「医師や養護教諭から有効性や安全性を説明し、ご自分で判断頂く」とのこと。
 相次ぐ副反応事故との因果関係が不明だから調査する今、誰が安全性を自信を持って説明できるのでしょう?ある新聞に「接種丸投げ?!」とありましたが所沢市も近いと感じました。
 積極的勧奨と、勧奨一時見合わせは全く違うのに「変わりはない」というのも冷たい言葉です。
 市や保健所にはあまり問い合わせがないとのこと。正確な情報源と思われていないのであれば残念です。千葉県野田市は接種自体を一時見合わせました。打ちたい方が打てるルートがあれば違法ではないと国も認めています。折しも4月から健康推進部が発足したばかり。不安に思う市民の心に寄り添い、正確な情報収集に努め、この事態に全力で対処して頂きたいと願う、ただその一心です。

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
./tb.cgi/521



<< >>






RSS

Ringworld
RingBlog v3.20